English
DEG Assayについて

DEG Assayは従来法では検出できなかった微量の酵素活性を高い感度で検出できる新しい解析手法です。sainome®を利用することで、DEG Assayを高い再現性で効率よく実施できます。

特徴1:酵素に着目した新しいオーム解析(Enzymomics)の研究手法

プロテオーム中で目的の酵素活性を有するタンパク質のみを網羅的に検出します。
0.1ng以下のごく微量のタンパク質の検出も可能です。

*J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 6002-6005.からの引用データ

特徴2:アイソザイム別の酵素活性検出

酵素にあわせて100種類以上の酵素プローブを紹介します。
*J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 6002-6005.からの引用データ

酵素プローブの一例と感度

  Enzyme Probe Detection Limit
Glycosidases β-Galactosidase TGβ-Gal 0.03ng
β-Glucosidase TGβ-Glc 1ng
Esterases Alkaline Phosphatase Umb Phos 0.3ng
Porcine Liver esterase (PLE) Fluorescin Dibutyrase (FDB) 10ng
Peptidases Elastase Meo-Suc-Ala-Ala-Pro-lle-AMC 3ng
Leucine Aminopeptidase (LAP) Leu-AMC 0.3ng

特徴3:様々な酵素活性の検出のご要望にもお応えします

細胞レベルのフェノタイプを制御する酵素の探索にも対応します
(例:N-formylmethionine含有ペプチドの代謝に関わる酵素APEHの活性評価)

*J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 6002-6005.からの引用データ

適用例:様々な基礎・臨床研究に利用可能です。お問い合せ下さい。

2ホルミル化ペプチド代謝酵素の発見
酸化修飾タンパク質の代謝に関わる酵素活性の網羅的解析(下図)
血清中のアルカリホスファターゼ活性の検出

参考文献

- Kentaro Yoshioka, Toru Komatsu, Kenjiro Hanaoka, Tasuku Ueno, Takuya Terai, Tetsuo Nagano, and Yasuteru Urano, Chem. Commun., 52, 4377-4380 (2016)
- Kentaro Yoshioka, Toru Komatsu, Akihiro Nakada, Jun Onagi, Yugo Kuriki, Mitsuyasu Kawaguchi, Takuya Terai, Tasuku Ueno, Kenjiro Hanaoka, Tetsuo Nagano, and Yasuteru Urano, J. Am. Chem. Soc., 2015, 137, 12187-12190
- Toru Komatsu and Tetsuo Nagano, MEDCHEM NEWS No. 3 AUGUST 2013 .33
- Toru Komatsu, Kenjiro Hanaoka, Alexander Adibekian, Kentaro Yoshioka, Takuya Terai, Tasuku Ueno, Mitsuyasu Kawaguchi, Benjamin F. Cravatt, and Tetsuo Nagano, J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 6002-6005